「てづくり」について

自分の作品を説明するときに、「てづくり」とか「ハンドメイド」とかなるべくつかわないようにしています。
なぜかというと、どんなバッグだって服だって、人が作ったものだから。
そんなことを考えるようになったのは、縫製の内職を始めるようになってから。
以前新聞で、大手アパレル会社の広告で、ワイシャツの広告だったのですが、
一面を使って、全ての工程を書き出して、「こんなにたくさんの工程を経て出来ているんですよ。
でもこんな価格でできるんですよ」っていうのがありました。
それを見て、「ワイシャツってこんなにたくさんの工程があるんだ~」ってビックリしたのですが、
それも全部(ほとんど?)人の手で作られているんですよね。
そしたらその1工程の値段って?それを作っている人は?
って考えてしまったわけです。
どんな小さな小物だって、何工程も経て完成するわけです。
それはほとんど人の手によるものですよね。
だから、自分の作品だけ「ハンドメイド」とかいうのはやめようって思いました。
あえていうなら・・・「オリジナル」と胸張っていえるような作品をつくりたい。
だからなるべく、本や雑誌の作り方を見てつくらないこと、
今までの自分の、作ってきた、使ってきた、経験をもとに、
本当によいと思えるものをつくっていきたいと思っています。
[PR]
# by chito-0089 | 2009-09-17 19:57 | chito 2009作品

トートバッグ納品♪

今日、委託先のGENUINEさんにトートバッグ納品しました。
いつ行っても素敵なお店です。
今回は、思い切って「U」さんの消しゴムハンコをオーダーしました。
商品につけるタグにペタンとしようと思いまして。
ささやかですが、自分用のオーダーなんて、今までしようと思ったことがなくて。

委託を始めて、いろいろな出会いや、自分の行動力に、驚くと同時に、
新しい時計が、回り始めたような気がします。
いやそれ以前に、いろいろな可能性があったのですが、
忙しさや経済的なことを理由に、伸ばし伸ばしにしていた気がします。
職業用ミシンを買ったり、もう後戻りできない状況を自分でつくり、
新しい出会いができ、前にすすんでいくしかない!!と
プレッシャーをかけつつ、少しずつ前に進んでいけたらいいです。

以上、自分への励ましの言葉でした。読んでくださってありがとうございます。
[PR]
# by chito-0089 | 2009-09-11 13:51 | chito 2009作品

トートバッグ

やっと夏休みも終わり、子どもたちから開放されたと思ったら、
新型インフルエンザにおびえる今日この頃・・・。
皆様、いかがお過ごしですか。
来週は七五三の前撮りがあるので、着物の肩上げやすそ上げをしないと・・・(しかも二人分)
とあせるばかりの私です。

トートバッグ(カーキ) 4000円 sold
トートバッグ(黒)    4000円 sold    ありがとうございました



b0188334_1175671.jpg8号帆布を水洗いして使用感を出しました。くたっと手になじみやすくなるように♪
帆布特有のごわっと感がとれ、くたっといい感じになりましたよ。
底は二重仕立てにしました。だからすっくと立ちます。


b0188334_11114879.jpg中の生地と持ち手の裏側、ポケットは綿麻の花柄に。カーキに花柄、っていうのが、素敵だと思いませんか?


b0188334_11122510.jpg黒も同様に。

b0188334_118156.jpgタグはこのとおり。

GENUINEさんへ、お嫁に行く予定です。
気に入って、もらえるかな~
[PR]
# by chito-0089 | 2009-09-10 11:25 | chito 2009作品

お買い上げいただいたみなさま

バッグを置いていただいている、GENUINEさんが、長期の休みに入りました。
(8月いっぱいお休みです)
委託を始めてから、このブログがスタートしたわけですが、
作品も、ブログの更新も、カメさんの歩みで、なかなか進みません。

そして、今まで6個の作品がお嫁に行きました。
CHITOとして始動する前、レンタルボックスやイベントで引き取っていただいたものも含め、
手に取り、我が手に引き取っていただいた方々には、本当に感謝です。
まだまだ技術的に至らない部分もあり、けっして安くはない値段ではあるのに。

もし、お買い上げ頂いた方が、このブログを覗いてくださったならば、
ひと言、ご感想などいただければ幸いです。

これからもよろしくお願いいたします。    
[PR]
# by chito-0089 | 2009-08-12 19:59 | chito 2009作品

戻ってきました

昨日佐渡より戻ってきました。
子どもたちは、築90年以上という古い家と、虫がぶんぶん飛び回る環境に圧倒されつつも、ひいおばあちゃんのてしごとに圧倒されたり、草刈を手伝ったり、そして毎日の海水浴三昧に、心も体も強くなったよう。
よくいく千葉の海とは、まったく違うんです。青く透き通っていて、人もまばら、あいにく曇りがちのお天気が続いたのですが、クチビルを青くしながらもキャーキャーいって楽しんでいました。

ダンナも地図で釣りができそうな港やダム、池を調べながら夜な夜な車で走りまわり、普段釣って来ないような大きな魚などを土産に帰ってきて、「オレ、佐渡に移り住みたい」と喜んでおりました。

私も子どもに戻って波に揺られたり、おばあちゃんと話したり、いっしょにご飯をつくったり楽しいひと時でした。
家の中は古布や不用品(チラシや割り箸まで!!)をつかった作品で彩られ、そしておばあちゃんの作品のキルトをたくさん見せてもらいました。
以前から少しずつ見せてもらっていたのですが、ベッドカバーの大きさのものがたくさん出来ており、
「おおばあちゃん腕をあげたな」と感心しました。
以前見せてもらったものは、正直いって大雑把で、布の色あわせもあまり上手ではなかったのですが、
最近の作品は新しい布はまったく使っていないのに、すばらしい色あわせに感激・・・。
いろんな技法も使われており、私もライバル心がメラメラ。
(80のおばあちゃんとタメはるなよ、と思うのですが)
「形見にやるから選んで」と言われ「またまたおばあちゃん~」といいつつ、その中でも出来が良い気に入ったのを選んでもらってきてしまいました。

負けていられません。

本当に。

毎日家事に農作業に忙しいのに、これだけの作品をつくってしまうなんて。
聞くと、冬の農閑期しか時間はとれず、その間に集中して作っているといいます。
都市近郊に住み、情報もモノも簡単に手に入る私の暮らしと、
田舎に住み、情報もモノも乏しいおばあちゃんの暮らしは対極といえます。
でも、モノがないからこそ、あるものを最大限に利用して、
情報も少ないからその中で想像力を最大限に膨らまして、
豊かに暮らすおばあちゃんは、決して不幸ではない。

本当に、今、私も始めていかなければなりません。
急がず、少しずつ、忙しいことを言い訳にせず。
[PR]
# by chito-0089 | 2009-08-08 04:35 | その他もろもろ・・・