大雪に翻弄される

早朝のケータイからの投稿は、ぶっきらぼうで大変申し訳ありませんでした。

中止を知りもうろうとしながら、でもお知らせだけはしとかないとな、とやっとの思いで布団の中から投稿しました。

さて、本日の雑司ヶ谷手創り市は、何十年かに一度の記録的大雪により中止。
こっちにきて、初めての大雪だったかもしれません。大変な大騒ぎです。

でも、それよりさらに前は、東北に住んでしたので、このくらいの雪はたいしたことないものでした。
それがこっちではどうして大変なことになってしまうのかというと・・・

「備えがない」

のひとことに尽きます。

地響きとともにやってくる除雪車がない。
冬タイヤ(もしくはチェーン)がない。
雪かきの大きいスコップがない。

など、一年にいちど使うか使わないかというものは、役所にもなければ家庭でも置いているところが少ないからです。(シャベルくらいはあるかな)

さて、朝から家の前の雪かきを始めたわたしたち。30センチというと、雪にしてかなりの量なので、道路わきに積んでいくには多すぎます。
少し離れた林に捨てに行きたいところですが、運ぶ手段がありません。
こんな時には、実家で使っていた、あの、大量に雪を運ぶあれ・・・
なんだっけ・・・

恐ろしいことに、わたし、名前を知りませんでした。
あまりにも当たり前に存在していたので・・・

気になったので調べてみました。「スノーダンプ」とか「スノーカート」とかいうらしいです。
冬はそれとそりを組み合わせておうちをつくったりして遊んでいたっけ。

幸い今日はいい天気。雪も徐々に溶けています。
わたしもダンナも、なれない除雪作業で肩や腕がパンパン。

明日は車、出せるかな・・・


来月は手創り市、お天気さんよろしくお願いします!
[PR]
by chito-0089 | 2014-02-09 15:34 | その他もろもろ・・・


<< おそろいのキッズショルダーバッ... 本日の手創り市は中止です >>