「ほっ」と。キャンペーン

パラフィン加工帆布で横長トート、再び

めぐりめぐってやっとこのかたち

b0188334_1143571.jpg



---------------------------------

【お知らせ】

あおぞらクラフトいち Autumn in 水戸」出展いたします
開催日時/2013年9月21日(土)・22日(日)10:00~17:00頃 ※雨天決行
     かばんやCHITOは22日のみの出展です
     開催場所/水戸芸術館広場
     〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8

「つながりズム。」 vol.8 ~ ∞な大文化祭 ~ 
日時:2013年 10月22日(火) 11:00 open ~ 15:00 close
          23日(水) 11:00 open 〜 14:30 close
場所:Yol Cafe Frosch
詳しくはこちら → 
22日のワークショップについてはこちら → 

掲載していただいています
「シンプルで作りやすい 毎日のバッグとポーチ」
日本ヴォーグ社さまより発売中です
詳しいお知らせはこちら → 

---------------------------------

ときは2009年。
今から4年前、ムスメ1年生、ムスコ年中。
そんなときに誕生したのがこのバッグ。→ 

ブログを見ると、今のミシンではなく、祖母の足踏みミシンで縫っていた・・・らしい。

きっとこのバッグがわたしを帆布につなぎ止めているんだと思います。
自分ですっくと立つ、いさぎよいかたち。
無駄に横に長い、でもかわいらしいかたち。

つくっていなかったのは、納得できない点がいろいろあったから。
あれから時を経て・・・
いろいろな問題点がクリアになり、試作をし、再びつくることができました。

b0188334_11412559.jpg表地は、2009年と同じ、10号帆布のパラフィン加工。比較的薄手ですが、パラフィン加工によりぱりっとした、それでいて手になじむ触感が特徴です。独特なしわ感もすてきです。
b0188334_1141417.jpgトップ画像の「はいばら」(サーモンピンク)、「よもぎ」(薄いカーキ)と、この2色。

本体はオフベージュ、底と持ち手はカラシとターコイズブルーです。

サイズは高さ17センチ、底の横の長さ33センチ、底マチ10センチです。

b0188334_1142983.jpgいくらパラフィン加工とはいえ、中にモノを入れると真ん中が沈んだりかたよったりでかたちが変わってしまいます。
それが横長バッグの困ったところで・・・
裏地に、11号帆布を使うことによって、厚さを出さずにぱりっと感を保てるようにしました。
そして入り口にはファスナーを。
底が浅いバッグ特有の、入り口がかぱっと開いてしまう欠点を補いました。

持ち手はギリギリまで短く、でも腕は通る長さにしました。




4年間、めぐりめぐっていろいろなバッグをつくっても、
つくりたいのはシンプルだけどちょっと変わったバッグでした。
つくっていられて、そして大好きでいられてほんとうによかった。
[PR]
by chito-0089 | 2013-09-18 12:16 | chito 2013作品


<< tote-bag 11(CHI... 水戸あおぞらクラフトいちまで一週間 >>