革でもできた!!

幼稚園の係のお仕事などで、何かと忙しいこのごろ・・・。
子どもの帰宅後、ふとあいた時間。
作品作りなどもしたいのですが、部屋にこもると、子どもの宿題などが
見てあげられず、したい放題になってしまうので、
リビングのテーブルで、宿題を見ながら、できることと言えば・・・
「そうだ、アレをしよう」。
アレとは、最近興味を持っている、革での手づくり。
ムスメの習い事で知り合った、革作家さんに刺激され、同時に革のハギレを手に入れ、
今日の午前中、ユザワヤさんで、最低限の道具を買ってきました。

革は、ものすご~く、敷居が高かった・・・。
でも、自称カバン職人にとって、「帆布の次は、”革”」ということは気づいてはいた。

でも、縫い目がほつれず、素材自体にものすごく存在感のある革は、
もっと気軽にあつかってもよいということに、その革作家さんに気付かされました。

買ったもの・・・ハギレの革、革加工用の麻の手縫い糸、縫い針、パンチ、穴をあけるときに下に敷く分厚いゴム

参考資料・・・数年前の「クーネル」(マガジンハウス社)の革細工特集

で、作ったのが、これです。
b0188334_9542193.jpgb0188334_9543186.jpg


「ペンケース」・・・持っていなかったんです。
なるべく素材を無駄にしないように、はじっこの形をなるべくいかすようにつくりました。
革は堅いですが、ハサミですいすい切れます。
ざくざく切って、
糸を通す穴をキリなどであけて、
なみ縫いで往復。
ひもはハギレの端を細くきって、本体に穴をあけ、たま結びで留めます。
ひものボタンホールは、ハサミでちょっきん、ぼたんも、はぎれちょっきん。
縫いつけて、できあがり~!!
[PR]
by chito-0089 | 2010-04-21 10:05 | その他もろもろ・・・


<< 針棒糸かけがこわれた さいきんのわがや >>