尊敬するひと

祖母に送る本を探しに本屋へ。
いつも子どもたちに手づくりの野菜などをせっせと送ってくれるお礼に、
何か送ろうといつも思っているのですが、
「いらんいらん、何かとお金がかかるからそんなことにお金をつかわんと」と
断られてしまうのです。でも、私同様(以上に?)てしごとが大好きな祖母に、
布のリメイクの本を購入。
(ついでに、ちゃっかり自分用にも「ソーイングナチュリラ」を購入。
洋服づくりは苦手なのですが、夏の服をつくろうと)

祖母は本当に尊敬できる、というか見習いたい、ひとです。
小さいころは長期の休みには必ず訪れていました。
当時はタバコの包装紙(おじいちゃんが吸っていたのは「わかば」)を集めては傘などをつくっていたり、
包装紙を細くして籐のようにして「かご」をつくっていたりしたのを覚えています。

ここ何年かは、農閑期のライフワークとして服地やシーツのパッチワークがマイブームとなっており、
私にも作品を送ってくれることがあります。
祖母の作品の材料は、「いらないモノ」・・・といっても、他の人にとっては不要なものでも、
祖母にとってはお宝なんでしょうね。
なんでも買ってしまったり、不要だからといって捨てたりしようとすると、祖母の顔が頭に浮かび、
ちょっと考えるようになりました。

そして、祖母と私が似ているところ・・・。
いろんなことに興味を持つところ、夜ご飯のあと眠たくなってうとうとしてしまうところ。
きっと今の私があるのは、そんな祖母がいるからなんだろうなぁ。

遠く離れているけど、まだまだ教えてもらいたいことがたくさんあります。
いつまでも元気で長生きしてください。
[PR]
by chito-0089 | 2009-06-19 20:13 | その他もろもろ・・・


<< よかながトートブーム襲来? 日暮里に行ってきました。 >>